住職の徒然記

事実と真実

人は切羽詰まると思いがけない力や行動力が発揮されるものです。私も英会話教室に通い始めました。本来もの覚えが悪い私としては、語学の習い事は大変です。でも、大変だからってやらなかったら何も変わらないと思うと、自分に甘えず頑張ってしまいます。海外旅行したいわけでもないし、別に流暢にしゃべられなくてもいい。毎日に活かせるわけでもなければ、東京オリンピックに向けてなんて思ってもいません。だったら何で英会話を習うのか聞かれたら、何気にと答えると思います。難しく考えず、後々些細でもやったことに楽しさを感じられるなら、そんな歩みもいいもんですよね。

もっとわがままに生きられたらいいのに。思い通りな毎日だったらどんなに楽しいだろう。やりたいことだけやる、選り好みした人生を送りたい。皆さんはそんなこと考えたことありませんか。私はあります。でも、しないだろうし出来ません。それは思い通りな毎日を送っても決して満足出来ず更に求めてしまう、そして虚しい毎日を送るだろうなって思ってしまうからです。人間欲張りですから。ちっぽけな自分に反省。焦らない。急がない。

事実にばかり目を向けガムシャラに生きても虚しく時を刻むでしまいます。そこに真実がないからでは。事実なんてかげろうのようなものです。いつの間にか記憶から消えていきます。でも信頼できる真実は消えません。揺るぎない信頼は真実に成りえます。苦しい中にある真実、辛い中にある真実、そこに真の幸せがあるのかも。これは私の身勝手な理念です。

新年度が始まり数週間、就職した皆さんはそろそろ仕事にも慣れてきた頃でしょうか。皆が皆そうでもなさそうですね。。仕事が分からない。出来ない。やりたく無い。楽しくない。理想とは違う。いまの時期、そんな思いに捉われて人も多いみたいです。新天地での人間関係に悩み苦しんでる方も居られるでしょう。せっかく社会に巣立っても楽しく仕事が出来ないのは辛いものです。でも気持ちが離れてしまえば良い仕事なんて出来なくなります。しかしこればかりは誰が解決出来るものでも無く、自らの問題として自分で処理していかなければならないものです。仕事はやらせられるものではなくやるものです。待ってってもいい仕事が出来ません。考え行動に移す自力が満足を生みます。そして誰しもがその自力を持ち合わせています。気付いてないだけでは。だからあまり執着せず固執せず、常に頭も心も柔軟に。そうすれば何かが見えてくるかも。これも私の身勝手な理念です。

だから頑張れる人は頑張ればいい、頑張れない人は頑張り過ぎなくてもいいのでは。自分の人生ですから。誰もが自由ですから。辛かったら逃げてもいいんじゃないですか。自分に甘えない本気があれば。それを事実としてだけじゃなく、真実と受け止めることができれば。

自分の心に惑わされなければいい。事実だけに振り回されなければいい。事実が全てではありませんから。事実という表面だけを見てると、奥底にある真実を見逃してしまいます。世の中は、言わないこともあれば、言えないこともある。言葉にならない真実だってあります。嫌々と焦るあまり、大切なものが消えてからでは遅いです。良かったと思える人生は目の前にありますから、例え汚れた場所にあっても、歪んだ心の中にあっても真実を探してみて下さい。   合掌

« »

浅虫高野山 陸奥護国寺

〒039-3501 青森市大字浅虫字山下203-6

TEL・FAX : 017-752-2129

アクセスマップ