住職の徒然記

心繋

幾ら後悔しても、どんなに努力しても後戻りは出来ない。それが自然の摂理だから。だから人は前を向いて歩むんでしょうね。

余裕が無くなると、失敗も多くなる。そして気付きも多くなる。数日前、今まで気遣いや忖度と思っていたことが、要らぬお節介や大きなお世話だったことを告げられる。良かれと思った行動が、正反対の結果をもたらすこともある。結果は相手の取り方次第。相手有きである。過去を振り返る。何度も繰り返してきた過ち。これで最後と思いつつ、また繰り返してしまう人生。全てが裏目にでるのは、やっぱり自らの人となりか。

どんな仕事も選り好みせず、それが誰かのお役にたてばと考えていた。それは思い上がりだったのだろうか。非力を過信する日々。でもそのスタンスは今後も変わることがない。この身体、力尽きるまで。

一つの歴史が閉じ、また新たなる歴史が始まる。心にも体にもサプリが必要な時代。何に癒しを求めますか。

«

浅虫高野山 陸奥護国寺

〒039-3501 青森市大字浅虫字山下203-6

TEL・FAX : 017-752-2129

アクセスマップ