住職の徒然記

皆さんは十年前の師走のこと覚えていますか。そしてこれから十年後のこと、思い描けますか。十年前、今日が来ることを考えていたでしょうか。そしてこれから十年後、・・・・。どんな世界が待ってるんでしょうか。あまり先を考え過ぎると、鬼だけじゃなく閻魔様まで笑いそうです。先日来、友人からよく電話がくるようになりました。身体が不自由になり心が不安定であるが故に長々と愚痴をこぼし、私は唯々頷き聞き役に徹していました。最後の電話が二日前。私が少々体調を崩していたものですから早々に電話を終えました。相手からしたら素っ気無い態度に取られたかもしれません。非常に後悔しています。本日夕方、その友人の訃報が届きました。孤独なるままに今朝発見されたそうで、通話履歴は二日前に電話した私が最後だったようです。なんで予期できなかったんだろうか。悔しいです。今更ですがその後悔は尽きません。後悔が後悔を呼ぶ。また今度と思っても、二度とその今度はやってこないこもしれない。無常な毎日を私たちは生きているんですね。でも魂が繋がっていれば、かける言葉なんて要らないと思っています。私が考えることも分かってくれてるはずです。心からご冥福を祈ります。今年は最後の最後まで寂しい年になってしまいました。人の心中は複雑で計り知れないものです。推し量ることも察することも難しいもの。でもどんな状況にせよ真実があれば、尽きぬ想いも変わらぬ想いもあるのでは。旅立つ友へ安らかに。     合掌

« »

浅虫高野山 陸奥護国寺

〒039-3501 青森市大字浅虫字山下203-6

TEL・FAX : 017-752-2129

アクセスマップ