住職の徒然記

平成30年初更新

明けましておめでとうございます。といっても正月気分も抜け、そろそろ通常な毎日に戻った頃ですね。皆様は一年の抱負を胸に良きお正月をお過ごし頂けましたでしょうか。

さて、人生には様々な節目がございます。私も今年また一つの節目を迎えます。振り返ってみますと、ここ数年大きなチャンスに出会いながら自らの度量の狭さが失敗を招いたり、常識という言葉に感化されたり、お坊さんは、お坊さんなんだからと変なプライドが邪魔をして行動に移さなかったり言い訳をしてみたり、せっかくの人生の転機を棒に振る機会が多かったような気がします。良くも悪くも今となっては勿体無い話です。

そこで私、今年は要らぬプライドは捨て、常識という非常識に捉われず、例えゆっくりでも変化ある冒険の年にして行きたいと思っています。今年は戌年。犬も歩けば棒に当たる、冒険(棒犬)ということで。\(^o^)/ちなみに、【犬も歩けば棒に当たる】とは何かをしようとすれば、何かと災難に遭うことが多いということと、出歩けば思わね幸運に出会うことの二つの例えがありますが、私の思う意味は後者の方です。こんな説明をして、やっぱり日本語って難しいですよね。同じ言葉でも全く正反対の二つの意味を有すことがありますから。未来は未だ来てないから未来です。つまりどんな風に変わっていくかは予測不可能です。苦あり楽あり。だから人生は素晴らしく面白く意味があるんでしょうね。皆様にも、焦らず急がず、一年の抱負を心の支えとしてご活躍下さいますよう。 合掌

正月早々ですが、楽天の元監督星野仙一さんの訃報を耳にしました。巨星墜つ。皆様もそうでしょうが非常に寂しく残念です。ここに心よりのご冥福をお祈り申し上げます。

« »

浅虫高野山 陸奥護国寺

〒039-3501 青森市大字浅虫字山下203-6

TEL・FAX : 017-752-2129

アクセスマップ